アコースティックギター 委託販売専門店
AI Trade since 2006 by Westprism Co.

あなたのミュージックライフを快適にするお手伝い!

アコースティックギター専門店 アイトレード
大阪府大阪市東淀川区豊里2−20−10−202
TEL06-6990-1900 FAX06-69901886

HEADWAYファクトリーレポート 職人魂ネック 編

日本を代表する手工ギターメーカの一つHEADWAYその魅力をファクトリーレポート好きなアイトレードが実際に確認してきました。ヘッドウエイ工場でスタンダードシリーズは生み出されます。 ヘッドウエイファクトリーレポートではその詳細を余すところなくご紹介いたします。


ヘッドウエイスタンダードシリーズが製造されているヘッドウエイ工場のネックの製造過程をご紹介


まずは、ネックの元となるマホガニーの原材料のラフカット
この時点ですでに問題のある材料は廃棄され、良材のみが次の加工に進みます



トラストロッドの溝を切り、ヒールブロックを接着後おおよそのネックの形に仕上げます。だいぶネックのイメージに近づいてきました。
写真はダイヤモンドボリュートがないのでスタンダードシリーズのマホガニーモデルのものでしょうか。
ヘッドの付き板はすでに貼ってあります。この段階でも、ねじれや上画像の段階で発見できなかった不良はチェックされ廃棄されます。
トラストロッドが組み込まれ指板が貼られサンディングが終了すると次の行程のため別室に移動します。

さて、ここからがヘッドウエイギターネックにクラフトマンが魂を吹込むことになります。まるで仏像を彫刻するように丹念にネックを規定通りにの厚みに、形にシェイプしていきます。
かなりの精度を要求される手作業ですが、クラフトマンに確認すると「使用されるプレイヤーのために、日々修行です」とやはり僧侶のような答えが・・・ゴールのないゴールなのか、物差しで測れない直線なのか、極めたものにしかわからない納得という形を一本一本に投影し追求しています。
彼がネックを削っている姿からはオーラが出ていて見るものをくぎずけにします。
ヒール部もこのように一本一本丁寧に加工されます。
並んでいるギターはほとんど同じですがどのパーツをとっても微妙に違い、ある意味ヘッドウエイギターはそれぞれが似て非なるものなのかもしれません。

ネックはギターの印象を決める最重要部分・・・
ヘッドウエイのスタンダードシリーズHD、HFは、日本人の手になじむUシェイプを若干スリムにしたソフトなVシェイプで、グリップしたときの安定感があります。また、絶妙なボディーの差し込み角度や調整で、14F前後の安定性は抜群のものがあります。やはりその陰にはクラフトマンの魂が各パーツに宿っているからなのでしょう。 機械にはまねのできない、熟練したプロの手さばきはもちろんすべてのヘッドウエイギターに施されています。

written by J

次へ>>



| <前のページに戻る | HOME | 現在の買物カゴの中身を表示 |

Copyright (C) 2006 AI Trade Gutar. by Westprism Co. All rights reserved
当WEBSITEにおいて使用するすべての画像の無断転載、使用を禁止いたします
アコースティックギター専門店アイトレード